MacでWindowsを起動させたい!【VirtualBox】

Macを使っていると稀にWindowsを使いたい!と感じることがあります。そんな時はパラレルとWindows10のOSを購入すれば良いのだが・・・

 

OSは必ず買う必要はあるけど、このパラレルは「仮想デスクトップ」を使える様にするためのソフトなんだけど、どこかに無料であるかもしれない・・

で、色々調べたりした結果、こんなものがありました!

【VirtualBox】by Oracle

おお、オラクルからこんなものが出ていたのか!?せっかくなので今回はVirtualBoxを使ってMac上でWindowsを起動させてみましょう!

 

準備するもの

 

 

 

 

 

Windows10のプロダクトキーを手に入れる。

 

これはすごく簡単で、Win10のソフトを購入すれば良いだけ。

どちらでも良いので購入して、プロダクトキーをゲットしましょう!※Windowsを起動させるだけならプロダクトキーはいりません。

次に必要なのは.isoデータ。これがないとWindows10をインストールできません。Microsoftの公式HPにちゃんと公開されていますのでまずはここでダウンロード!→Windows10ダウンロードページ

ページに従って進めばダウンロードできます。

 

 

 

 

 

VirtualBoxをダウンロードする

こちらも公式HPからダウンロードします。→Oracle、VirtualBoxページへ。

OSX hostsをクリックするとダウンロードが始まります。

 

ダウンロードが完了したら起動し、赤枠をクリック。

 

続けるをクリック。

 

ここも気にせずインストールをクリック。

 

Mac起動時のパスワードを入力。

 

これでインストールは完了します。

 

インストールが完了したら、アプリケーションの中に、「VirtualBox」アプリがあるのでクリックする。

 

起動したら、新規ボタンをクリック。

 

名前:わかりやすい様に。タイプ:Microsoft window バージョン:Windows10(64-bit)で次へ。

 

利用メモリの選択。最低2000MBで動くが、ちゃんと使いたいなら4000MBないとめちゃくちゃ遅い。※お持ちのMacのメモリ次第で決めてください。

 

仮想ハードディスクを作成するを選んで次へ。

 

一番上の「VDI」を選んで次へ。

 

仮想HDDのサイズを決めます。Mac上のHDD領域を使うので、最低50GB必要になります。作成を押して完了!

 

出来上がったら早速「起動」を押してみましょう!※Windows10の.isoデータが無いとこの後起動しないので起動する前にこちらを再度チェック!!

 

ちゃんと.isoデータがダウンロードされていると、windows10の名前が出てきますので、「start」をクリック。

 

windowsのロゴが出てきました!

 

あとは手順通り進むだけ、なんて簡単なんだ!!

 

ここで購入したプロダクトキーを入力!とりあえず起動させたい!と言う人は「プロダクトキーがありません」をクリック。※ほとんどの機能が使えない状態です。

 

同意をし、「はい」を押す。

 

下のカスタムを選択。

 

先ほど選択したHDD領域が出ているはずなので「次へ」をクリック。

 

 

サービス開始を待っていると初期設定画面に変わります。

 

初期設定を終わらせると・・・

 

できたーーー!!

ちなみに省略しましたが、最後に初期設定があるので、そちらの設定方法はコチラの記事をお読みください。

「Windows10初期設定」

 

次回はWindows上からMacを起動させることに挑戦したいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

のぼじい

基本的に興味あるものは何でも手をつけます。でも3日坊主で終わることがしばしば笑 現在はPCサポートの仕事をしながら独学で、ブログ作成、LINEスタンプ作成、プログラミング、映像関係の勉強をしています。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2019年10月26日

    […] MacでWindowsを起動させたい!【VirtualBox】 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です