【初心者必見】Windows10初期設定【基礎編】

2020年1月にWindows7のサポートが終了する為、そろそろWindows10(以後Win10)に切り替える方が多くなっていますが、「初期設定が難しい」「どこまでが初期設定?」というトラブルを良く見かけます。そこで今回は、「パソコン設定屋さん」が教える!パソコン初期設定【基礎編】を紹介します。

 

そもそも初期設定とは。

PCが起動してエクセル、ワード(Office)が使える状態のことをさしており、

名前決めてパスワードを任意で決めたら完成。
現在
名前決めてパスワードを任意で決め、Officeを使うためにマイクロソフトアカウントにログインして、マイクロソフトアカウント上にOffice登録しダウンロード。

WindowsVistaや7の頃と比べてやる事が沢山増えています。
とにかく簡単にできないようになっています。→つまりめんどくさい笑

また、Windows10と言ってもバージョンによって設定の仕方が若干変わります。この記事は、常に新しい情報を提供していこうと思います。不明点などはTwitterなどで相談受けておりますのでご連絡ください。

 

※2019年3月6日更新

さぁ、早速電源を入れてみましょう!

初めて電源を入れると、名前やらパスワードやらマイクロソフトアカウントやら聞いてくるけど、まずは「名前」だけ入力してそれ以外は後でを選択しましょう!※Wi-fiは繋いでおきましょう。

デスクトップ画面が出たらやる事。

これさえ押さえてしまえば、基礎は完璧です。さぁ始めてみましょう!

 

 

 

初期設定画面

※手順通り進めましょう!基本的には進むだけです。インターネット接続が無線の人はこの後「SSID」「パスワード」の入力がありますので控えておきましょう!

 

ここで一旦STOP!マイクロソフトアカウントは後で作成します。オフラインアカウントを選びましょうすでにアカウント作成済みならログインしても大丈夫です。

 

名前はなんでも良いです。最終的にマイクロソフトアカウント名になるので。

 

この段階では入力しない事。現時点では入力しなくても次に進む事が出来るため、後で入力します。※次へを押しますオンラインアカウントはクリックしない!ループしちゃいます・・

 

コルタナの設定をするか決めます。「Siri」みたいな昨日ですが、私はあまり使った記憶がないのでどちらでも良いと思います。

 

設定が終わると下の画面になります。

 

しばらく待っていると起動します。

起動しました!メーカー製のパソコンだと他にもアイコンが沢山並んでいると思います。

 

 

 

 

リカバリーメディアの作成(1〜4時間程度)

以外と作っていない人が多いですが、実は一番重要です。「強制的に購入当時に戻す」→つまり初期化する為のツール。万が一トラブルが発生しても自力で直す事ができます。DVD、BD、USBなどに保存しておく事ができます。

自作パソコン、BTO、Surfaceに関しては作成する必要はありません。理由は後ほど

リカバリーメディアは、各メーカーによって作り方や呼び方が変わるので注意が必要です。以下にまとめて見ましたのでご覧ください。

※USB32GB以上の用意をしましょう!NEC、東芝はDVD4-8枚、対応していればBD1枚で作る事ができます。また、NECに関しては1度しか作成できないので絶対に無くさない事!上書きされない様に「リカバリーメディア」とでも書いておきましょう。

今回は「富士通」「海外メーカー」の作業回復ドライブの作り方を記載いたします。NEC、東芝は上記リンク先に手法が載っていますのでご確認ください!

回復ドライブの作り方↓(富士通or海外メーカーの場合)スタートボタンを押して回復と入力してみましょう!(NECは「再セットアップ」東芝は「リカバリー作成」でヒットすると思います)

結構時間がかかるので放置しておきましょう!また、作成がうまくいかない場合は、「再起動」を実行して見ましょう!それでも出来ない場合は、WindowsUpdateを実施してみましょう!よく起こるトラブルの一つですので焦らずに!

※注意 NECの「再セットアップ」が緑のアイコンになっているタイプがあります。その場合は再セットアップを「右クリック」→「その他」「管理者で実行」を選ばないと起動しないので注意が必要です。再セットアップメディアツール作成方法で確認しましょう!

 

 

 

 

WindowsUpdate(10分〜1日)

時間が掛かると思いますが、基本みているだけの作業。本当は最後まで後回しにしたいのですが、場合によってはある程度アップデートをかけないと他の作業ができない場合があるので厄介な作業です。また、自宅のネット回線速度によっても作業スピードが変動します。

ちなみにみなさんのネット回線速度はどのくらい出ていますか?

自宅の無線LANを強化しよう!

こちらで無線LAN強化に成功した記事がありますので、ついでに確認してみましょう!

 

アップデートは自動で掛かってくれますが、手動でかけたほうが圧倒的に早いので今回はその方法をお伝えします。現在進行形でWin10を利用している方もこの方法で確認をしてみましょう。

左下のWindowsアイコンをクリックし歯車マークをクリック

 

更新とセキュリティをクリック

 

更新プログラムのチェックを押して放置。

再起動して再度確認

 

 

 

 

マイクロソフトアカウント(以後MSアカウント)の作成(15分程度)

エクセル、ワードを使うためにOfficeのインストールが必要になります。購入したパソコンの中にOfficeカードがある方はアカウント作成が必須になります。もしパスワードを忘れてしまうと最悪の場合Officeを買い直しになります。→4万円と高額な金額がかかるかも・・

※Office使わない方はこの作業不要です。

 

左下のWindowsマークをクリックし、人のマーククリック。アカウントの設定をクリックします。

 

MSアカウントに切り替えるをクリック。

 

作成しましょう!をクリックし、新規アカウントを作る。

 

メールアドレス、パスワード(英数字混合、8文字以上)を入力する。忘れない様にメモしておく事!

 

メルマガ欲しい方は全てチェックつける。いらない場合は上だけチェックつけて次へをクリック

 

何も入力せずに「次へ」をクリック。

 

PINの作成、数字4桁を入力。必ずメモしておく事!毎回起動時に聞いてきます。

 

本人確認をクリック。

 

登録したメールアドレスにコードが送られてくるので確認。

 

入力後、本人確認が消えていれば完了。

念の為再起動してみましょう。「確認する」という言葉が消えていれば作業完了です。

 

 

 

 

 

MSアカウントにログインしてOfficeの認証し、インストール(30分程度)

Officeがない方はこの作業は不要になります。先ほど作成したアカウントでMSアカウントのマイページに行きます。

MSアカウントマイページへ

サービスとサブスクリプションをクリックすると、下段にプロダクトキー入力画面がでるのでクリック。

 

次へクリック。

 

持っているプロダクトキーを入力し、手順通り進めると完了します。

※ダウンロードする際に、「その他」→「オフラインインストーラー」でPC内部に保存を選びましょう。そのままインストールを開始すると、「アプリ版」のOfficeになるので動作不安定ですww どうやらアプリ版の問題が解決されたみたいなので手順通りに進みましょう!

その後画面上でプロダクトキー(別のプロダクトになっているはずです)をコピーしておき、ダウンロードが終わったらOfficeを起動→インストールが終わったらエクセルorワードを起動し、コピーしたプロダクトキーを貼り付けしましょう。その前後にマイクロソフトアカウントのログインもまた聞かれると思うのでログインしましょう!

Office Premiumというシリーズからは、万が一初期化したとしても、MSアカウントにOfiiceの情報があるため、MSアカウントへログインできれば何度でもインストール可能です。※PC1台のみ

何度も言いますが、MSアカウントとパスワードは必ず控えておきましょう!

まとめ

いかがでしたか?Windows7の頃と違い、とても大変な設定が沢山出てくるのでパソコン不慣れな方には二度とやりたく無い作業だと思いますwwですが、上記の工程をきちんと処理しておかないと、初期化やOfficeの再インストールが出来なくなってしまします。「すごく面倒だ!」と考える方はお金の力で解決しましょう!!電気屋であれば上記項目を15,000円〜20,000円程度で実施してくれると思います。もちろん2-3日預かりになりますが。

それと、私のお伝えした方法以外でも設定はできるの出来ます。例えば、初期設定画面の段階でMSアカウント作成することもできますし、直接マイクロソフトにログインして新規作成する事も可能です。

今回の手順をお伝えした理由として、私自身が一番スムーズに設定できる手順をお伝えしているだけにすぎません。パソコンは答えにたどり着くまでの手順は何通りもありますので盲信しない様にしてください笑。で

 

上記内容で不明点があれば、右上にTwitterやFacebookのページがあるので申請していただければ、ご相談乗ります!

 

総まとめ
・リカバリーメディアは必ず作成しておく事!

・Windowsアップデートを一度当てないとリカバリーメディアが作成できない時があるので注意!

・アップデートは常に最新にしておきましょう!

・マイクロソフトアカウントの「ID(メールアドレス)」と「パスワード」は必ず控えておきましょう。

・PIN(PC起動時の略式暗証番号)のメモ控えも忘れずに取ること。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

のぼじい

基本的に興味あるものは何でも手をつけます。でも3日坊主で終わることがしばしば笑 現在はPCサポートの仕事をしながら独学で、ブログ作成、LINEスタンプ作成、プログラミング、映像関係の勉強をしています。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. のぼじい より:

    初期設定で不明点があればこちらでも対応いたします!

  1. 2018年12月13日

    […] 【初心者必見】Windows10初期設定【基礎編】 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です